Event is FINISHED

12/19(水)開催 / 活動進化プログラム公開講座#05 SDGs×観光:京都の持続可能な観光のために私たちができること

Description

京都がもっとよくなる、もっと住みやすくなる、まちづくりの取組提案を募集し、提案の実現に向けたサポートを行う“みんなごと”のまちづくり推進事業。第4,5回目では、取組提案の実現に向けた支援の一つとして、様々な実践者を招いて課題解決に向けたアイディアを考えるための公開講座を開催します。


- - - - - - -

●持続可能な観光を探る

現在、観光産業は世界のGDPの10%を創出し、世界で働く10人に1人は観光業に携わっており、世界経済の成長エンジンとして期待が寄せられています。一方で、観光客の過剰流入によって地元の経済や社会が不利益を被る「オーバーツーリズム」が指摘されはじめています。この、オーバーツーリズムがもたらす問題は大きく5つ。その5つとは、地元住民への不利益、観光体験の悪化、インフラのオーバーロード、自然環境・生態系へのダメージ、文化・遺産に対する脅威だそうです。

京都市でも2016年には、京都市を訪れた観光客数は5522万人で、3年連続で5500万人超となり、宿泊客数は1415万人で過去最高、外国人宿泊数も318万人と過去最高を記録しました。一方で、地域住民とのトラブルや交通混乱、環境や文化に対する懸念も話題になっているように思います。

そんななか、持続可能な観光産業を実現するには、行政だけなく、地域コミュニティや企業などさまざまなステークホルダーが関与することが必要と言われています。今回は、様々な立場から観光に携わり実践されている方々をゲストに迎え、わたしたちひとりひとりができることや、各団体が取り組めることについて考えていきたいと思います。

- - -

●SDGs(エスディージーズ):持続可能な開発目標とは?

最近、耳にすることが増えた方も知れないこのSDGs(エスディージーズ)」ですが、これは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称であり、2015年9月に国連で開かれたサミットの中で世界のリーダーによって決められた、国際社会共通の目標のことです。

このサミットでは、2015年から2030年までの長期的な開発の指針として、「持続可能な開発のための2030アジェンダ」が採択されました。この文書の中核を成す「持続可能な開発目標」を、SDGsと呼ばれています。

京都市のSDGsの取組みはこちらから
http://www.city.kyoto.lg.jp/sogo/page/0000235821.html


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
▶︎Special guest

マナベ リョウ(Manabe Ryo)
あっちこっちプロジェクト 代表



香川県出身。高校卒業後、渡米。ロードアイランド・スクール・オブ・デザインを卒業後、ニューヨークに拠点を置く非営利団体「Immaterial Incorporated」に参加。主に季刊誌『Cabinet』の制作・運営に携わる。12年間のアメリカ滞在を経て、2010年に帰国。本業である翻訳業の傍ら「困っている旅行者を見ても通り過ぎる人が多いこと」がきっかけで、あっちこっちプロジェクトを立ち上げ現在は10代から80代までのメンバーが2300人が活動を行っている。

あっちこっちプロジェクト
http://atchikochi.org

- - - -

西村 環希(Nishimura Tamaki)
WOW JAPAN Experience+
TABICA訪日事業部 関西代表



大阪生まれ、京都育ち。立命館大学国際関係学部に在籍しながら、株式会社ガイアックスTABICA訪日事業部 関西代表として働く。訪日外国人観光客に表面的な観光だけでなく、地元の人と「体験」を通じて日本文化を知ってもらいたいとの想いから、公私ともに活動を行う

WOW JAPAN Experience+
https://exp.wow-j.com/en/
西村環希さんのnote
https://note.mu/elif

- - - -

吉岡 史樹 (よしおか ふみき)
岩戸山ソーシャル寄町 代表



兵庫県明石市生まれ。学生時代を過ごした京都でシステム開発、TVゲーム制作などの仕事を始める。主にプログラム開発者としてWebやアプリの開発の他、イベント・テレビ番組・展示等でのCG/映像演出、プログラミング講師やワークショップなどで教育研究にも関わっている。公益財団法人 岩戸山保存会 理事。祇園祭では毎年必ずベビーカステラを買って食べる。

岩戸山ソーシャル寄町
http://www.city.kyoto.lg.jp/shimogyo/cmsfiles/contents/0000238/238862/7iwatoyama.pdf


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


【活動進化プログラム / 公開講座とは】
“みんなごと”のまちづくり推進事業「まちづくり・お宝バンク」に登録された取組提案の実現に向けた支援の一つとして、幅広い取組提案者(取組提案の応募を検討している方を含む。)を対象に企画,広報,資金調達等の手法を学んでいただく講座です。


今回は、さらに京都市内の各種支援団体や京都外の企業 ソーシャルセクターの実践者を講師として招き 成果を加速させていくサポートプログラムを実施します。特に、地域の多様な人々を巻込み、人や資源を繋ぎ、実現を進めてきた講師陣により

・ 8 /19(日) Vision Making (協創チームのつくりかた)
 https://katsudoshinka1801.peatix.com/ (終了)
・ 9 /27(木) PR/Marketing (これからの広報の進め方)
 https://katsudoshinka1802.peatix.com/ (終了)
・10/24(水) Fundraising (資金調達のはじめかた)
 https://katsudoshinka1803.peatix.com/ (終了)
・11/28(水) SDGs×食:フードロスを減らすために私たちができること
 https://katsudoshinka1804.peatix.com/
・12/19(水) SDGs×観光:京都の持続可能な観光のために私たちができること
 https://katsudoshinka1805.peatix.com/

の全5回を開講します。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
*開催概要*

【日時】2018/12/19(水)19:00-21:30 (18:30開場)

【場所】GROVING BASE
    京都市下京区新町通松原下ル富永町107番地1
    https://groving-base.jp/

【定員数】30名( ※申込先着順)

※あわせて、京都市「まちづくり・お宝バンク」への
ご提案がまだの方は、こちらから取組提案をご応募下さい!
https://tsukuru-kyoto.net/bank_index/


【参加費】無料


【プログラム】
 18:30 開場
 19:00 はじまりの挨拶/主旨説明
 19:20 ゲストトーク&セッション
    「京都の持続可能な観光のために私たちができること」

 20:30 ワークショップ
 21:30 終了 / 交流タイム


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【『まちづくり・お宝バンク』への応募方法】
京都市のホームページから応募いただけます。


みんなでつくる京都 情報サイト
https://tsukuru-kyoto.net/bank_index/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
主催:京都市総合企画局
運営:有限責任事業組合まちとしごと総合研究所

※同事業は京都市”みんなごと”のまちづくり推進事業の
活動進化プログラムの委託事業として運営しています

【問合せ先】
有限責任事業組合まちとしごと総合研究所
(担当:東、琴地)
TEL:075-257-7871 MAIL:office@machigoto.net

京都市総合企画局総合政策室創生戦略・市民協働推進担当 
TEL:075-222-3178

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#393719 2018-12-06 02:20:45
Wed Dec 19, 2018
7:00 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
参加チケット(30枚/先着) FULL
追加席チケット(限定10名/先着) FULL
キャンセル分追加チケット(限定5名/先着) FULL
Venue Address
京都市下京区 新町通松原下ル富永町107番地1 Japan
Organizer
“みんなごと”のまちづくり推進事業 -つながり促進プログラム"Xsector Kyoto"
787 Followers

[PR] Recommended information